モーニングコートと燕尾服(ホワイトタイ)の違いと着こなし

モーニングコート燕尾服(テールコート)と勘違いされて
御来店頂く事が結構ありますので、今回はモーニングコート(昼の正礼装)と
燕尾服(夜の正礼装)の違いと着こなしをご紹介させて頂きます。

モーニングコートでイメージして頂きやすいのが、入学式や卒業式など学校の式典で
校長先生が着用しているもの。

あるいは結婚式での新郎新婦の父親や、内閣総理大臣が宮中行事や承認式などで
着用している上着のフロントの裾が丸くカットされてる衣装です。


こちらがモーニングコート。昼の正礼装です。
上着とベストは黒(慶事ではグレーやシルバーのベストを合わせることも)、
黒いベストの場合、慶事では白い襟をアタッチメントのように付けて着用します。
コールパンツと呼ばれる縞のスラックスを合わせるスリーピースです。

一方、燕尾服(ホワイト・タイ)は夜の正礼装で、指揮者やオーケストラの演奏家、
晩餐会やノーベル賞の授賞式で着用されている姿を目にすることがあるかと思います。
テールコートやドレスコードのホワイトタイと呼ばれている装いになります。


こちらがホワイトタイ、燕尾服の装いです。
襟に光沢のある、拝絹と呼ばれる生地を配し、白いベスト、白い蝶ネクタイをあわせる
スリーピースです。

燕尾服のホワイトタイに対し、タキシードはブラックタイと呼ばれるドレスコード指定の際に着用します。
かつては燕尾服が正礼装、タキシードは準礼装という格付けでしたが、
現在ではタキシードも正礼装扱いにしていることがほとんどです。

燕尾服とモーニングコートの両者の装いを比べた画像が下記になります。

左のモーニングコートの小物
・ウィングカラーシャツ又はレギュラーカラーシャツ
白蝶のカフス(白い石を台座に埋め込んだもの)
モーニングネクタイ(又はフォーマルネクタイ)
ポケットチーフは山をつくるスリーピークで挿す
パンツは縞のコールパンツをモーニングカット
ベルトはしないで縞サスペンダーを付ける
・靴は皮革のストレートチップを内バネ(店舗でのお取り扱い)
・黒のベストには必ず白衿を付ける
フォーマル手袋

右の燕尾服(ホワイトタイ)の小物
イカ胸シャツ
白の蝶ネクタイ
白サスペンダー
・靴はエナメル靴のオペラパンプスかプレーントゥ(店舗でのお取り扱い)
フォーマル手袋

靴の皮革
左が皮革のストレートチップ
右がエナメルのプレントウになります。
(紐はどちらも内バネで使用)

モーニングコートや燕尾服の着こなしなど不明な事が
御座いましたらメンズフォーマル専門店に
ご予約・御来店下さいませ。

フォーマル専門店ノービアノービオ東京南青山店

住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-10-36
TEL 03-5775-2004
営業時間 11時~19時30分(土日祝日営業いたします)※夏期・冬期休暇はお休みいたします。
アクセス
東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」
A4出口より徒歩4分

土日・祝日は込み合う時間帯が御座いますので
予約の御客様を 優先させて頂いております為
前もっての電話予約を御願い致します。
平日も同様になりますので御了承願います。

※フォーマルについてのお問い合わせは、
ノービアノービオ「お問い合わせフォーム」までお願いいたします。

8 Comments

  1. モーニングを着るとき正式にはダブルカフスに真珠のカフスボタンが正式ですか?
    みなさんシングルの普通のワイシャツが多いようですが。内閣就任式の閣僚のワイシャツなど、レギュラーカラーでシングルカフスが多いです。正式にはウイングカラーで外側に縞のネクタイが出る着方ですか?

    1. 172.19.0.33 徳重裕士 への返信
      徳重 裕士様
      モーニングコートを着用の際の御質問ですが
      昼のフォーマルウエア【正礼装】では
      シャツはウィングカラーとレギュラーカラーの
      2種類になっています。
      袖口はダブルが基本でカフリンクス留めになり
      シングルも可です。
      カフスは白い石の物ですので白蝶貝もしくは真珠になります。
      ネクタイは白黒の縞柄かシルバーグレーの結びさげになります。

      ただ結婚式の父親で着用や校長先生として着用か式典や
      公式行事などで最近では着こなしが違う事もございます。

      1. ありがとうございます。最近はレギュラーカラーが多くウイングカラーはあまり見かけません。内閣就任式でもシングルカフスが多いですね。
        私は常にウィングカラーのダブルカフスに懐中時計ですが、間違ってはいないですよね。

        1. 徳重様 大変遅くなり申し訳ございません。
          レギュラーカラー、シングルカフスでも可でございますので、そのような装いの方が多いのかもしれません。
          ウィングカラーのダブルカフスの装いは正式な装いでございますので、常に素敵な着こなしをしていただいているかと存じます。

  2. 本日の新天皇即位の服装についてお尋ねします。午前の即位に関する行事では、燕尾服を着用し、午後はモーニングに着替えました。ドレスコード上真逆だと思いますが、どうしてか教えていただけますか?

    1. お問い合わせありがとうございます。大変遅くなり申し訳ございません。
      昭和39年に告示された「勲章等着用規程」というのがありまして、勲章を身につける場合のドレスコードが決められています。
      天皇陛下や秋篠宮さまは「大勲位菊花大綬章」を着用されていたので、この規定により日中でも燕尾服を着用されていたのです。
      その後、勲章をはずされた行事では、昼の礼装「モーニングコート」にお召替えされたということなのでございます。

  3. 息子の結婚式で何のためらいもなくモーニングを着ようと思っていたら、挙式が15:30で辛うじてOKなんですが、披露宴が16:30からと言うことに気付きました。恐らく祝宴は17:00あたりからであり、ディナーであることは間違いありません。当日の日没は17:28ですから18:00頃までは明るいとしても締めの頃には真っ暗。燕尾服は大袈裟としても、ディナージャケット(タキシード)に着替えた方がいいかな、と思っていますが、如何なものでしょう?新婦側とそろえた方が良いとも思うし。それとも、公式的にモーニングは夜に掛かっても大丈夫なのでしょうか?あくまでもフォーマルにこだわる質問です。

    1. お問い合わせありがとうございます。
      挙式がお昼ということで、おっしゃられている通り、最初モーニングを着用され、披露宴の前又は祝宴の前に燕尾服やタキシードにお着換えいただくのが時間帯に対してはフォーマルルール的には正しくはありますが、
      一般的にはモーニングで最後まで通される主賓の方も多いので、そのままでも差支えはございません。
      親戚の方や新婦側の方々とそろえるのが、一般的ではありますが、おしゃれな装いの方はタキシードにお着換えされる方もいらっしゃいますので、ご検討いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA