礼服,喪服,フォーマルスーツ,メンズ,着こなし,おすすめ,おしゃれ,黒スーツ,ブラックスーツ,男性,男,親族,入学式,お葬式,葬儀,法事,結婚式,披露宴,通販,シングル,ダブル,略礼装,正礼装,準礼装,海外挙式,販売

店舗情報

ただいまスタッフ募集中、詳細はこちらまで

ネコポス対応

配送方法でヤマト運輸の「ネコポス」発送可能!

マークが付いている商品が、ネコポス発送対応商品となります。
ネコポス対応商品へ

お届けについて詳しくもっと詳しく読む

いらっしゃいませ ゲストさん

商品カテゴリ一覧 > 礼服(フォーマルスーツ)・略礼服(ブラックスーツ)

フォーマルスーツ

フォーマルスーツ(礼服) 略礼装

礼服、ブラックスーツ、略礼服とも呼ばれるフォーマルスーツは、実は日本独自の礼装文化。
主な着用シーンは冠婚葬祭ですが、一言で冠婚葬祭と言っても実に多種多様です。結婚式、披露宴、二次会などの主催側に、ゲスト、入学式、卒業式の主賓、保護者、先生方。そして、お葬式や法事、記念式典の参列など。あらゆるフォーマルの場で着用いただけます。

基本ディテール

<慶事>
結婚式に出席するにあたって、特に多いのは新郎新婦の友人として招待されるケースでしょう。友人の結婚式といっても、ラフな格好で出席していいわけではありません。

名家の結婚式など、格式の高い式の場合や、部下の結婚式に出席の場合は、準礼装(ディレクターズスーツ・ブラックスーツ)を。
比較的格式にこだわらない結婚式、披露宴や二次会のみ、パーティーに出席の場合はフォーマルスーツが一般的。「平服」可能な式などでもフォーマルスーツが利用されます。

最近では、レストランウェディングやガーデンパーティーなどのカジュアルなスタイルの結婚式が増えているため、「平服で」という指定になることもありますが、そこはあくまで「式」の場。フォーマルさを忘れないように、ポケットチーフ程度などは意識しましょう。

<弔事>
一般的な葬儀、告別式、お通夜、一周忌までの法要など、殆どの場合で通用するのが準喪服(喪服としての準礼装)で、男性はフォーマルスーツ(礼服)を着用します。
最近では、喪主でも、よほど格式のある葬儀や告別式でなければ、このフォーマルスーツで許されます。
ダブル・シングルどちらのフォーマルスーツでも良いですが、シングルスーツにベストのスリーピースで着用する場合、ベストは必ず黒色を着用。ネクタイや小物も必ず黒色で。

シーン

  • 結婚式・披露宴
  • 結納式
  • 各種パーティ/レセプションパーティー/記念式典の参列
  • 入学式・七五三
  • 音楽会・発表会
  • 葬儀・告別式・お通夜・一周忌までの法要など
時間は昼夜問わず着用可能。

主要商品ラインナップ

何物にも染まらない色として、揺るがない心、誠心の色として深い黒ほどフォーマルシーンでは好まれる傾向にあります。当店でもブラックスーツとも一線を隔した真の黒(フォーマル ブラック)を追求し、常に最良の深い黒のフォーマル生地を求めています。

また、フォーマルらしい伝統的なスタイルから流行を取り入れたスタイルまで、当店のフォーマルスーツの型紙は全てオリジナル自社規格です。お客様から寄せられた意見を取り入れ、年齢や体型にあった様々な型紙を研究し続けています。

縫製方法:毛芯仕立※ / 生地:国産 / 縫製:国内

シングル/2つボタン(オールシーズン)

ナポレオンヤング2つボタン(1555)

ナポレオンヤング 2つボタン(2750)

スリム美脚シルエット
若年層にも着たい!と思わせる、細身のスタイリッシュフォーマルスーツ。

ナポレオンシングル2つボタン(1701)

ナポレオンシングル2つボタン(1701)

スリム美脚シルエット
ウール100%のキングブラックツイルタッサー生地を使用。履きやすさを追求したフォーマルスーツ。

接着芯と毛芯について

スーツには芯地を使って型崩れを防いだり丈夫にしたりするのですが、接着芯より毛芯仕立の方が、型崩れしにくく、よりしっかりした仕上がりになります。

デザインから選ぶ

◇ ダブルについて
ダブルとシングルにおいて明確な格差はありませんが、重役の執務用を起源とするディレクターズスーツがダブルから始まった事があり、ダブルに威厳や風格をかもし出すことから、ご年配の方がダブルを愛用される傾向はあります。お腹まわりがすっきりと見えるので体型を気にされる方にもダブルがオススメです。

◇ シングルについて
シングルは若年層に人気がありますが、最近にはシニアにも支持が広がりつつあります。また、シングルは釦数が少ないほど、よりフォーマルとされる傾向がありますが、厳格に区別されているわけではありません。

>